裸の王様


 

今日も声高らかに喉を鳴らす
彼の恐ろしさに皆が戦く

「最高の気分さ」 そんな時
空から石ころが飛んできた

目の前に立つ少年が 悲しげな目で睨む

百獣の王様はここにはいねぇよ
そんなしゃがれた声じゃ恐ろしくもない
サバンナのライオンはこんなもんじゃない
僕が憧れたのは 百獣の王

彼は何度も鳴いた
その存在を誇示するかのように
でもそれでも

目の前に立つ少年は 悲しげに背を向ける

百獣の王様はここにいるだろう?
俺はこのしゃがれ声が大層気に入ってる
そう信じて疑わず 今まできたのに
この胸の違和感は一体なんだよ

本当は気づいてた
彼の檻のプレートには 「裸の王様




戻る


Copyright c Myqp and B Maker. All rights reserved.